クレジットカード審査で過去金融事故歴はどのくらいで消える?

クレジットカードの審査で「5年」という言葉を聞いてドキっとする人は、暗い過去をお持ちですね。
クレジットカード業界で「5年」というのは、自己破産に関する数字です。
クレジットカードの審査をする際に、カード会社は個人信用情報センターで申込者の個人情報を調べます。
そこには住所、氏名、年齢などの個人を特定する情報や、所有しているクレジットカードの種類、過去の借り入れや返済情報、延滞や滞納情報などが登録されています。
そこに自己破産歴が登録されていると、ほぼ100%の確率で審査は落ちてしまいます。
その自己破産歴の記録が、株式会社シーアイシーや日本信用情報機構に登録されている期間が5年間で、その間は彼らの用語で「喪に服す」と言っています。
ちなみに日本銀行個人信用情報センターでは10年間記録が残りますよ〜!