ビ―グレンの化粧品のニキビへの対処方法って?

お肌ケアをちゃんとしているつもりでも、その使用している化粧品の効果が発揮されていない場合があり、それは、勘違いによるニキビケアという場合もあるということがあります。
それには洗顔のときに使用する製品において、泡を立てて界面活性剤を使用しているからといって、洗浄力があるというのは間違いで、脱脂力のある洗顔料というのは、必要な潤いも取ってしまうことになり、かえって乾燥の原因にもなってニキビのできやすい環境になってしまっているのです。
そのために、洗顔においては、古い角質や毛穴の汚れを落とす程度でよく、そのときに潤いも残すことで肌を保護できる成分をこのビ―グレンの製品では使用しているのです。
その使用している天然クレイがその役割を果たし、それと同時に、水分を補給し逃がさない作用もあるのです。
また、これではまだまだ下地の環境作りにしかならず、その後のできているニキビに対しては、甘草で炎症を抑えビタミンCで活性酸素の動きを封じ込めてできてしまったニキビ跡のケアを行い透明感のあるお肌作りを手助けしてくれるのです。
ビーグレンニキビケアってどう?ニキビ跡に!【@コスメ口コミは嘘?】